• Motoki

リスタート

最終更新: 2月2日

頭の中でありとあらゆる感情がうごめく。

冷静になろうとすればするほど、心は乱れる。


癒ることのない深い痛みと、見えない敵が大きな壁となり視界を遮る。

いっそ何もかも手放したくもなる。

でもなんの覚悟もなく、そんな勇気もない。


ただ一つだけ確かなことがある。

まだまだオレは何一つやり切っていない。


闘争本能だって密かに心の奥底に持ち合わせている。

火種を必死にかき集めている今がある。


とてもか細い炎にすぎないけれど、ここが正念場。

もっとあがいてもがいて本能のままに生きろ。


誰にも見せたことのない狂気にも似たお前の本気を見せてみろ。

自分すら気付いていない可能性がどこかに眠っている。

一歩先の未来にピントを合わせるんだ。

そしてもう一度、走り出せ。

Restart All kinds of emotions move in my head.

The more I try to be calm, the more disturbed my mind is.


Deep pain that does not heal and invisible enemies become large walls that block the view.

I also want to let go of everything.

But I'm not prepared and I don't have the courage to do that.


There is only one thing that is for sure.

I haven't done anything yet.


Even the struggle instinct is secretly held in the depths of my heart.

There is now a time when we are desperately collecting fire.


It's just a very thin flame, but this is the crucial moment.

Struggle more and live with your instincts.


Show your seriousness, which resembles madness that no one has ever seen.

There may be some hidden possibilities that I may not be aware of.

Focus on the future one step ahead.

And let's restart.


The poem was written by Motoki Hirano Photo by instagram.com/jeremy_justin

128回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示