• Motoki

◆今日も誰かが空を見ている


カリフォルニア州南部、サンディエゴに降り立った21年前。

空の高さに言葉を失った。

オレが知る空の景色には、いつも人工物が紛れ込んでいた。

よく考えたら日常で空単体を意識することすらなかった。

足下の世界にばかり目を向けていた。目線を上に向ける余裕がなかった。

狭い視野の中で生きていた小さな自分。


広くて高い真っ青な大空を見上げて、深呼吸。

夢に満ち溢れていたあの頃。

未来を見据えた若きオレは初めて空と対峙した。


大人は空を見上げて何を想う。

その目は悲しげにも愉しげにも見えるはず。

人生の酸いも甘いも知っているから。

31回の閲覧0件のコメント
Contact

講演活動を積極的にお引き受けしています。少数派である電動車椅子に乗り、呼吸器をつけながら激しい電動車椅子サッカーというスポーツの監督をしながら様々な活動に取り組んでいる私の体験を聞いていただき、既成概念を取っ払い、視野を広げるきっかけにして頂けたら嬉しく思います。一人でも多くの方に!

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • 横浜クラッカーズ公式サイト

お名前 *

メールアドレス *

件名

メッセージ

© 2019 by MOTOKI-HIRANO.com