• Motoki

勝負の世界に生きる

勝負には、勝つか負けるしかないのかもしれない。



でも、本当にそれだけなのかな。


真剣勝負の中でうごめくオレたちの感情。


怒り、悲しみ、嘆き、喜び、そして胸苦しい程の緊張感。


どちらかと言うと、苦しい想いの方が上回る緊迫とした舞台がそこにある。


だけど、その空間にいられる事を最高に幸せだと思える。


何故なら、そこには脈々と受け継がれた戦いの歴史があるから。


電動車椅子サッカーを始めてから約20年。


輝きの裏側には、たくさんの哀しい別れが存在した。


旅立った仲間が残してくれた数え切れないほどの言葉。


その言葉があるからこそ、オレ一人ではなく、 戦友と共に闘っている感覚が常に胸の中にある。


それこそがオレにとっての勝負の世界に生きると言うこと!!

95回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示