• Motoki

地球と下僕

適当で曖昧な情報が多すぎる。

惑わされ翻弄される小さな人間たち。

マイナス思考で閉ざされた世界。


自由に誰でもいつでも言葉を発信できる、そんな時代。

正義とか悪とか真実とか偽りとか区別するのは難しい。

何を信じれば良いのか訳が分からなくなる。


でも答えはいつだって単純である。


アイスランドの火山島に住むお爺さんが言っていた。

「噴火して火山灰で島が埋め尽くされたときは怖くなかったのですか。」との問いに対して「噴火がいつ起きるか分からない。でもこの地を愛おしく思う気持ちに変わりはない。ただそれだけだよ。」


そう、我々は地球の中の一部でしかない。偉大なる地球の歴史から見れば、若輩者であり、侵略者でしかない。


もうあたふたしないで、謙虚に自分達の無力さを受け入れよう。



46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

One Love