• Motoki

宇多田ヒカル

「明日から東京に行くよ」

「お父さんと一緒に暮らせなくなります」

そこに選択肢はない。

ただただ従うのみ。


悲しいとか、

寂しいとか最初は思う。

いつのまにかそんな感情すら持たなくなる。

どこにも自分の居場所はない。

そして生きる場所を見つける。

それは自由な発想で誰にも邪魔される事なく、

誰にも影響される事なく、


創作すること。


自分の感情や空想したものを自由に変化させて、

表現すれば良い。

その瞬間、

彼女は孤独な子供ではなく、

孤独な天才に変貌する。


究極な孤独が、

究極の感情とイマジネーションを鋭敏にする。


誰とも群れることのない殺気に満ちた武士のように、

危ういが、

凛としている。


命が朽ち果てるまで、

武士は武士、

そして

宇多田ヒカルであり続ける。

#宇多田ヒカル #音楽 #HikaruUtada #Music #MotokiHirano #平野誠樹 #NoMusicNoLife

57回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

One Love