• Motoki

見えないエネルギーを充電したくて...

「よくやった。」「君ならできるよ。」

小学校時代の恩師から頂いた激励の言葉たち。

何気ない一言が今もオレの背中を押してくれる。


障害の進行により歩けなくなる。殻に閉じこもっていたオレが電動車椅子を手にする。


軽やかに風を感じながら初めて銀座の街を走り抜ける。

あのときの車の走る音、自転車の車輪が回る音、人々が交わす会話。

生でしか感じることのできない街が生きている様子。

あの開放的な気分を生涯忘れることはない。


五感を刺激される快感から逃れる術はない。

そして次を求めてしまう。


直接伝えられた想いや心の奥底に常に存在している喜怒哀楽。

その記憶を消し去ることは誰にもできない。


そして再びオレはMr.ChildrenのLiveに足を運んでいる。


66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示