• Motoki

48時間の覚悟

呼吸すら人工呼吸器なくして出来ないオレは、何か突発的な悲劇がこの世の中に起きた時、真っ先にその影響を受けるからね。電気が使えなければ、最長でも48時間しかバッテリーを使えないから、48という数字が俺の命のタイムリミットになる。いつ何があっても覚悟は出来ているつもりだけど、現実はやはりただただ怖いよね。


だから、電クルサッカーにしがみついていることが、その恐怖から逃れるたった一つの手段なのかもしれないな。オレから電クルサッカーを奪ったら、その先に何があるのか今は想像すら出来ない。もはや体の一部だから、当然なんだけどね。電クルサッカーはオレにとって絶体絶命のピンチの時に、遥か遠くに見えるオカンみたいな存在なのかもね。やっぱ絶対無二の神なんだ。いつか神の背中を捕らえてやるぞ!



0回の閲覧
Contact

講演活動を積極的にお引き受けしています。少数派である電動車椅子に乗り、呼吸器をつけながら激しい電動車椅子サッカーというスポーツの監督をしながら様々な活動に取り組んでいる私の体験を聞いていただき、既成概念を取っ払い、視野を広げるきっかけにして頂けたら嬉しく思います。一人でも多くの方に!

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • 横浜クラッカーズ公式サイト

© 2019 by MOTOKI-HIRANO.com