Contact

© 2019 by MOTOKI-HIRANO.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • 横浜クラッカーズ公式サイト

講演活動を積極的にお引き受けしています。少数派である電動車椅子に乗り、呼吸器をつけながら激しい電動車椅子サッカーというスポーツの監督をしながら様々な活動に取り組んでいる私の体験を聞いていただき、既成概念を取っ払い、視野を広げるきっかけにして頂けたら嬉しく思います。一人でも多くの方に!

ABOUT

ME

講演実績
電動車椅子に乗ったファンキー野郎
I am a funky man riding an electric wheelchair.

1979 年横浜生まれ。横浜市港北区在住。高校卒業後、アメリカへ留学。
 
2017年8月から株式会社マルハン 人事部 CSR・障がい者スポーツ推進担当として復職。
 
電動車椅子サッカーの日米交流の橋渡しを積極的に行い、今日の世界大会へ発展するきっかけを築く為に世界を飛び回る。 電動車椅子サッカーチーム「横浜クラッカーズ」の代表・監督として活動中。 横浜クラッカーズは、2011年・2013年・2017年と三度の日本一の実績を誇る。
2004 年にはパラリンピックの公式記者として開催地ギリシャにて取材し、自身の夢だったスポーツジャーナリストへの第一歩を踏み出し、電動車椅子サッカーの活動以外にも、身体障がい者の知られざる多様な取り組みや生き様を伝えるべく、積極的に講演会やトークショーへ出演。 2007年には著書「110センチの視野━電動車椅子のファンキー野郎アメリカ留学激闘記━」を出版。 2017年10月には、これまでの活動・貢献を高く評価され、日本電動車椅子サッカー協会から『JPFAドリームマスター(伝道師)』に認定され、現在に至る。
自身の活動を通じて「生きる」とは何かを発信し続けている。
 
座右の銘は「弱気は最大の敵」

平野 誠樹 Motoki Hirano

 
講演実績

横浜市立大豆戸小学校
横浜市立いぶき野小学校
横浜市立十日市場小学校
横浜市立上飯田小学校
横浜国立大学付属鎌倉小学校
君津市立松丘小学校
横浜市立希望が丘中学校
KAMDA(神奈川県筋ジストロフィー協会)
 

横浜国際福祉専門学校
横浜中央病院附属看護専門学校
横浜労災看護専門学校
湘南工科大学
 

障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
ヒューマンスターチャイルド株式会社

 

など