• Motoki

Hyalessa maculaticollis

「ミーンミンミンミンミンミー…」と激しくその音が頭の中に響きわたる。お婆ちゃんの家に行くことが無性に好きだったあの頃。同じセミの鳴き声でも、横浜でいつも聴いている感覚とはまったく違った。そう、子供の頃は何をしていても、それが特別な瞬間だった気がする。特に理由がなくても無性に楽しくて仕方がなかった。きっとそれはあるがままで行動していたからだと思う。そんな何気ない日常が、オレにとっての至高の少年時代の夏。そこに必要なのは最高のBGMと三ツ矢サイダーだけ。小学校2年生の姪っ子にはどう聴こえているのかな…


32回の閲覧
Contact

講演活動を積極的にお引き受けしています。少数派である電動車椅子に乗り、呼吸器をつけながら激しい電動車椅子サッカーというスポーツの監督をしながら様々な活動に取り組んでいる私の体験を聞いていただき、既成概念を取っ払い、視野を広げるきっかけにして頂けたら嬉しく思います。一人でも多くの方に!

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • 横浜クラッカーズ公式サイト

© 2019 by MOTOKI-HIRANO.com

お名前 *

メールアドレス *

件名

メッセージ